若年性認知症 予防

若年性認知症を予防するサプリの成分は?

認知症予防サプリの有効成分

 

認知症予防サプリ

 

プラズマローゲン

 

生き物の体内に存在しているリン脂質で、最近の研究で
若年性認知症に有効作用することがわかりました。

 

脳内のデトックスや脳内のサビを予防しますので、脳を
健康な状態に保ち、疲労を蓄積させない効果があります。

 

しかし、年齢を重ねたり、日々のストレスで徐々に減少
していく成分ですので、サプリメントなどで積極的に
補給していきましょう。

 

 

ナットウキナーゼ

 

納豆特有のねばねばの元になっている酵素です。

 

コレステロール値の改善や高血圧の予防効果が認められおり、
血液をさらさらにすることで、血管内の血栓を溶かす働きが
ありますので、脳血栓をはじめとした生活習慣病の
予防に有効作用します。

 

また、若年性認知症の原因ともいわれているアミロイドを
分解する効果が近年の研究で判明しましたので、これからも
期待できる成分のひとつです。

 

 

フェルラ酸

 

ポリフェノールの一種で、植物に含まれています。

 

記憶力の向上をはじめとして、ダメージを受けてしまった
脳神経細胞の修復や機能改善、若年性認知症の諸症状の
改善にその抗酸化作用が大変効果的だといわれています。

 

 

EPAとDHA

 

エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)は
不飽和脂肪酸として青魚が多く含有し、同時に摂取することで
その効果をお互いに高めます。

 

脳血管障害の予防をはじめとして、脳神経細胞の機能を
向上させる効果が高いとされています。

 

脳内に届いたDHAは脳の栄養素といわれるほど、記憶力や
思考力の源となる脳神経細胞の働きを向上させますので、
若年性認知症の予防にも効果的です。

 

またEPAは脳血管障害を予防する血液サラサラ効果が
期待できますので、若年性認知症の原因とされる
生活習慣病を予防します。

 

 

アスタキサンチン

 

赤色が特徴のアンチエイジング効果で有名な美容・健康成分です。

 

特性としては、細胞の隅々まで行き届くことができるため、
脳内に届いた際には脳神経細胞にも有効作用し、脳内のサビを
取り除き、脳を健康な状態に保ちますので、若年性認知症の
予防には効果的です。

 

その高い抗酸化力はアスタキサンチンが強く作用しており、
酸化・変質しやすいといわれているEPAやDHAを守りますので、
多くの若年性認知症予防サプリメントに配合されてる成分です。

 

 

ホスファチジルセリン

 

脳神経細胞膜をつくっているリン脂質の一種で、大豆が多く
含有している成分です。

 

脳神経細胞膜の1割を占めている大切な成分で、機能が低下して
しまった神経細胞を改善し、脳細胞の働きを向上させ、思考や
記憶の低下を防ぐ働きを持っています。

 

大豆に含有はされていますが、毎日の食事から十分な量を
摂取することは難しいとされていますので、サプリメントなどから
摂取することが大切です。

 

 

イチョウ葉エキス

 

若年性認知症の原因とされるアミロイドが蓄積されるのを
抑制する働きや脳血管性認知症を予防するために、脳の
血管を健康に保つ成分です。

 

血流を改善したり、機能が低下してしまった血管を拡張して
くれますので、若年性認知症を予防をはじめ、体全体を健康に
保つ作用が期待されます。

 

 

若年性認知症サプリ ランキング

関連ページ

若年性認知症の種類を原因と症状と共に解説
若年性認知症に関するコラムです。若年性認知症にも様々な種類がありますが、それらの原因と症状についてご説明しています。
今日からやるべき若年性認知症予防の方法とは
若年性認知症に関するコラムです。若年性認知症は発症前に予防することが大事です。ここでは、今日から取り組める予防方法をご紹介します。
若年性認知症を予防する食べ物や効果的な食べ方はあるの?
若年性認知症に関するコラムです。若年性認知症を予防効果がある食べ物とは?ぜひご覧ください。
若年性認知症を予防するサプリの副作用と飲み方
若年性認知症に関するコラムです。若年性認知症を予防するサプリの正しい飲み方、副作用についてご説明します。